低用量ピルを通販するならどこが良いですか?

低用量ピルを通販するならどこが良いですか?

低用量ピルは不妊症に繋がる?

低用量ピルのデメリットとしてよく挙げられるものとしては、悪阻に似た副作用の症状だと思います。特に、吐き気や頭痛、倦怠感は、程度に個人差はあっても、誰でも一度は経験するのだとか。

しかし、こうした悪阻に似た副作用はホルモンバランスの変化に体が慣れるにつれて、徐々に収束して1~2週間もすれば、症状も落ち着いてくるので、そこまで神経質に心配しなくて良いそうです。

しかし、低用量ピルのデメリットを調べると、本当だったらとても困る情報を見つけました。それが、不妊症に繋がる恐れです。

なんでも、低用量ピルを長期間に渡り飲んでいると、いざ子供が欲しくなった時に中々妊娠できないという、不妊症になってしまうのだとか。

この情報は、本当なのでしょうか?

そこで、色々と調べてみたところ、幸いその情報は誤認によるものだと分かりました。

詳しく言うと、低用量ピルは体内のホルモンバランスを妊娠している時と同じように調整して、脳に妊娠していると錯覚させる薬であるため、体の持つ本来の妊娠機能を損なう恐れは一切無いのだとか。

多分、不妊症になるといった情報は、子宮内膜の増殖を抑えることで生理中の症状を軽減するという、低用量ピルの効果を間違った方向に解釈されて生まれたのかもしれません。とりあえず、妊娠に悪影響は無いと分かって良かったです。