低用量ピルを通販するならどこが良いですか?

低用量ピルを通販するならどこが良いですか?

アフターピル通販時の注意点とは

緊急避妊薬は、日本の産婦人科やクリニックで処方してもらうことで、入手することができますが、2つ難点があります。

1つは、値段。
緊急避妊薬は保険適用外で、費用は全部自己負担しなければいけない関係上、1万円は軽く超えてしまうみたいです。

もう1つは、予め処方してもらうことができないという点。

あくまで、避妊に失敗したからという理由が無ければ処方してもらえないため、万一避妊に失敗したという時に備えておくということはできないんです。

そのため、安い海外製の緊急避妊薬を個人輸入という形で通販購入する人が、最近日本でも増えているそうです。

しかし、緊急避妊薬をそうして通販購入する際は、ある意外な点にも注意しなければいけません。個人的には、安全性や品質に関する点だと思ったのですが、そういうのは大手個人輸入代行サイトを選択すれば解決するみたいです。

では、一体何に関する注意かと言うと…副作用です。

なんでも、緊急避妊薬はかなりの高確率で、副作用として吐き気や嘔吐を生じさせる関係上、病院は一緒に吐き気止めを処方するのだとか。つまり、緊急避妊薬を自分で通販購入する際は、吐き気止めの薬も一緒に勝っておいた方が良いんですね。