低用量ピルを通販するならどこが良いですか?

低用量ピルを通販するならどこが良いですか?

アフターピルにはどんな種類がある?

性交渉において避妊をしなかった、又は、避妊に失敗した場合の助けとなる、アフターピル。保険適用外である関係上、かなり高額なお金がかかりますが、72時間以内に飲めば95%以上妊娠せずに済むため、日本国内でもかなり多用されているそうです。

確かに、いくらお金がかかっても、望まない妊娠をするのに比べたら、安いものですからね。

しかし、アフターピルと言っても、実は1つではなく、2つ種類があるみたいです。

それは、ノルレボ錠とプラノバールです。個人的には、事後的に避妊できるならどれでも構わないと思ったのですが、両者にはかなり違いがあって中々無視できないのだとか。

相違点としてまず挙げられるのは、服用回数。プラノバールだと性交後72時間以内に2錠、12時間後にさらに2錠飲むのですが、ノルレボ錠だと性交後72時間以内に2錠飲むだけで良いそうです。

つまり、1回飲んだ後に厳格に時間を測って夜中無理して起きて飲む、みたいな苦労が、ノルレボ錠には無いんです。

また、驚いたことに、避妊成功率も違うそうです。

プラノバールだと、失敗率が3.2%と書いてあって、個人的にはこれで十分なのでは、と思ったのですが、ノルレボ錠は更にその上を行き、たった1.1%しか妊娠する危険性が無いのだとか。そのため、ノルレボ錠の方が最近では人気とのことでした。