低用量ピルを通販するならどこが良いですか?

低用量ピルを通販するならどこが良いですか?

低用量ピルの種類毎の特徴

ピルの中でも、ホルモン配合量の少ない第4世代ピルに属す、低用量ピル。

しかし、一言で低用量ピルと言っても、実はその中で更に3つの区別があるそうです。それは、相性。なんでも、低用量ピルの相性には、1相性ピル、2相性ピル、3相性ピルの3つがあるのだとか。

では、その各々の相性には、どういった特徴が見られるのでしょうか?

まず、1相性ピルについてですが、1錠辺りに含まれている黄体ホルモン等の量が、1サイクル分ずっと同じだそうです。そのため、飲み間違えが無く初心者でも簡単に服用管理ができるみたいです。

次に、2相性ピルは、1錠辺りに含まれているホルモン量が、1相性ピルと違って一定ではなく、2段階に分かれているそうです。

詳しく言うと、前半は黄体ホルモン量が少なく、後半は多くなっているのだとか。最後に、3相性ピルは、その配合されているホルモン量の変化が、3段階になっているみたいです。

ちなみに、どれが一番良いかと言われると、3相性ピルだそうです。

なぜなら、ホルモン量が3段階に別れている関係上、自然に近いホルモンバランスをキープできるからです。なので、私も低用量ピルにお世話になる際は、まず3相性ピルにしてみることにします。